くまはら接骨院所沢院
肩こり・腰痛・交通事故のケガを根本治療。所沢市のくまはら接骨院にお任せ下さい!
所沢院
埼玉県所沢市元町28-9
フォーラスタワー103
04-2935-3455
新所沢院
埼玉県所沢市緑町1-1−4
巴ビル2B
04-2968-9235

鎖骨骨折

こんな症状でお困りではありませんか?

・鎖骨部分に局所的な強い痛みや腫れ、皮下出血がある。
・肩が挙げられないほど痛い。
・痛めていない方と比較して、皮膚が突出して見える。または肩幅が狭く見える。
・手や指に痺れがある。

鎖骨骨折とは

鎖骨は、S字状に細くカーブしているのが特徴で、
体幹(胸骨)と上腕(肩甲骨)は鎖骨を介して繋がっています。
構造上、細くカーブしているため、
転倒して肩を強くついてしまうと骨折を起こしやすく、
小児から高齢者まで幅広い年代で起きやすい骨折です。
全骨折の中でも、全体の10%と比較的起きやすいのも特徴です。

鎖骨骨折の症状について

鎖骨骨折を起こすと、骨折した部分に局所的な強い痛みが生じます。
他にも、皮下出血や腫れ、熱感が生じて、腕や肩を動かすことで更に痛みが強くなります。
骨折した部分が重なり合うことで、健康な側と比べると肩幅が狭く見えることがあったり、
骨折した面がずれると皮膚が突出して見えることもあります。
 また、鎖骨近くは腕を栄養する重要な血管や、腕や指の動きを支配する神経が走行しているため、
これらが損傷してしまうと痺れや運動機能障害が生じて、より重篤になります。

放っておくとどうなる?

骨折していて強い痛みが生じるため、放っておくということは少ないと思いますが、
骨癒合(骨がくっつくこと)は良好なので、
多少骨折した部分がずれていても最終的にはしっかりと治ってくれます。
しかし、当然ながら治療や固定をきちんと行えていないと、
ずれが大きくなり骨がつかない(偽関節)で痛みや不安定感、
運動機能障害が生じることがあります。
一般的に、多少のずれがあっても日常生活に支障が出て困ることは少ない骨折ですが、
それでも美容上の問題(見た目)などはあるため、きちんと治療することが必要です。

鎖骨骨折に対する治療方法

手術療法と保存療法のどちらかを選択する必要があります。
上記にもある通り、基本的には多少のずれが生じて治癒しても、
日常生活に支障が出ることは少ないです。
それでも、後遺症は残したくない、美容上の問題(見た目)も避けたいのであれば、
手術療法が選択されます。
当院では、保存療法を行っているので、そちらをご紹介します。
まずは、骨がくっつく状態(骨癒合)にする必要があるため、ライプス治療と電気療法を併用して、
骨癒合を促進させるための治療を約4~6週間行います。
ライプス治療を行うと、行わないケースと比べて約40%治療期間が短くなるといわれています。
骨癒合がされた後は、固定期間もあり、肩や腕の可動域が制限されてしまっている可能性が高いので、
筋肉を緩めるための手技療法やストレッチを行います。
場合によっては、再発予防のための筋力トレーニングなども指導してまいります。

お悩みの症状から調べる

アクセス

西武池袋線、西武新宿線「所沢駅」「西所沢駅」より徒歩12分

駐車場について

①元町地下駐車場
住所:埼玉県所沢市元町27-5
②市営寿町駐車場
住所:埼玉県所沢市寿町25-7

アクセス

西武新宿線「新所沢駅」より徒歩3分
  • 入間院
  • 武蔵藤沢院