くまはら接骨院所沢院
肩こり・腰痛・交通事故のケガを根本治療。所沢市のくまはら接骨院にお任せ下さい!
月火水金 9:00~12:00 15:00~20:00
土曜日  9:00~19:00

応急処置の大切さについて

こんにちわ、所沢市元町のくまはら接骨院所沢院です。

 

新年を迎え、久しぶりに動いたり、心機一転スポーツを始める方も多いかと思います。

そんな時にどうしてもつきものになってくるのが肉離れ捻挫ぎっくり腰などの「怪我です。

 

以前にも打撲に関しての記事を書いた際に軽く紹介しましたが

 

今回は「もし怪我をしてしまった時に何をすべきか」というお話をしたいと思います。

 
もちろん怪我をしてしまった場合に来ていただくのが接骨院なのですが、
夜遅くのケガであったり、出先のケガであったりすると
すぐに受診して頂くことができない事があります。
 
 
そんな時に特に大切になってくるのが応急処置になってきます。
 
この応急処置がきちんとなされているかどうかでその後の回復するまでの期間が大幅に変わってきます。
 
 
応急処置と言っても具体的に何をすればいいかというと
 
基本はRICE処置が原則になります。
 
もちろんお米の事ではなく、、、
 
 
Rest 安静・・・スポーツ活動の中止
Ice    冷却・・・患部の冷却
Compression  圧迫・・・患部の圧迫
Elevation  挙上・・・患部の挙上
 
の頭文字をとってRICEになります。
 
 
一つずつ詳しく説明していくと
 
1. Rest(安静)
テーピングなどで、損傷部位を固定し安静にするします。
損傷部位の腫れや神経・血管損傷の拡大を防ぐことが目的になります。
 
 
2. Ice(冷却)
ビニール袋やアイスバッグに氷を入れて、患部を冷却します。
15分冷却したら(患部の感覚が無くなったら)はずし、また痛みが出てきたら同じように冷やします。
怪我をしてから炎症がある程度落ち着くまでの約三日間(個人差や損傷部位による違いはあるが)、これを繰り返します。
二次性の低酸素障害による細胞壊死と腫れを抑えること、麻痺させることでの痛みの軽減が目的です。
 
 
3.Compression(圧迫)
テーピングや弾性包帯、バンテージなので軽く圧迫をかけながら固定します。
患部の内出血や腫れを防ぐことが目的です。
 
 
4.Elevation(挙上)
損傷部位を心臓より高く挙げるようにします。
腫れを防ぐこととその軽減を図ることが目的です。
 
 
怪我というのは急性期と言われる時期が受傷から72時間(三日間)と言われています。
 
この時期に急性期の際にRICE処置をしっかりと行うことで予後が変わっていきます。
 
 
これらに加えて当院で行う炎症を抑えたり、生体反応を起こし回復を促していく
 
超音波治療器、ハイボルテージ治療器を使用する事で、応急処置だけでは実現できない早期の回復をお約束します。
 
 
超音波治療器イメージ     総合刺激装置 ES-530
 
もちろんあくまでも基本の話になるので例外ももちろんあります。
 
少しでもわからないことがありましたらお気軽にお電話下さい。
 
 

<くまはら接骨院公式ホームページ>

所沢市のくまはら接骨院

入間市のくまはら接骨院

<所沢市の交通事故治療・むち打ち治療情報サイト>

所沢交通事故治療・むちうち治療ナビ

<おかげ様で所沢市口コミ1位!>

WEB上の患者様の口コミはコチラ(所沢院)

WEB上の患者様の口コミはコチラ(入間院)

<くまはら接骨院のフェイスブックページはコチラ>

くまはら接骨院公式facebookページ

● くまはら接骨院 所沢院 ●

住所:埼玉県所沢市元町28-9 フォーラスタワー1F

(西武池袋線所沢駅徒歩15分)

TEL:0429‐35‐3455

● くまはら接骨院 入間院 ●
住所:埼玉県入間市豊岡1丁目5−32 武蔵野 ビル 1F

(西武池袋線入間市駅徒歩5分)
04-2966-5876

 

アクセス

西武池袋線、西武新宿線「所沢駅」「西所沢駅」より徒歩12分

駐車場について

①元町地下駐車場
住所:埼玉県所沢市元町27-5
②市営寿町駐車場
住所:埼玉県所沢市寿町25-7
  • 入間院
  • 武蔵藤沢院