くまはら接骨院所沢院
肩こり・腰痛・交通事故のケガを根本治療。所沢市のくまはら接骨院にお任せ下さい!
月火水金 9:00~12:00 15:00~20:00
土曜日  9:00~19:00

脊柱管狭窄症

お困りの症状、訴え

歩いていると痛みや痺れが現れ休憩しないといけない、背中を反ると痛い、立っているだけでも疲れてくる。

このようなお悩みはありませんか?

これらの症状が当てはまる方は、脊柱管狭窄症かもしれません。

脊柱管狭窄症とは?

背骨には脊髄という神経が通るトンネルがあります。

このトンネルのことを脊柱管と呼び、このトンネルが何らかの原因により狭くなってしまうことで神経を圧迫し、痛みや痺れを誘発します。

これが脊柱管狭窄症です。

原因は脊柱管の周りにある組織が加齢により退行変性を起こす、激しい運動による骨の変形などが挙げられます。

主な症状は間欠性跛行(歩くと痛み、痺れが出現し、止まると楽になる)や疼痛、冷感、排尿障害など、多岐に渡ります。

一般的な治療

一般的な治療として整形外科や病院では手術で脊柱管を広げる、薬やブロック注射で症状を抑えるなどがありますが、これらでは根本的に治すことは難しく、再発する恐れがあります。

脊柱管狭窄症を根本的に改善する為には、姿勢を正しい状態に戻してあげることが重要です。

当院で行う施術

人は日常生活の中で知らず知らずのうちに姿勢が崩れ、腰に負担のかかる状態になっています。

中でも多いのは反り腰(腰の骨が前に反ってしまっている状態)で、脊柱管に過度な負担がかかってしまう為、この姿勢になってしまう原因となる筋肉および関節を調整し、姿勢を正しい位置に戻す必要があります。

物理療法として当院ではハイボルテージ治療を取り入れています。

これは身体に負担なく深部に適切な電気刺激を与えることが可能で、痛みや痺れに対し大きな効果があります。

これらに加え、当院独自のストレッチやエクササイズを取り入れることでより良い状態へ身体を導くことが可能となります。

ストレッチとエクササイズ

脊柱管狭窄症を改善する為に、ストレッチ、エクササイズは必須となります。

中でも腸腰筋(腰から太ももにかけて走行している筋肉で、反り腰の原因となりやすい)やおしりの筋肉が硬くなると症状は悪化しやすくなる為、柔らかく保つ必要があります。

また、腹筋が上手く機能していない人も姿勢が崩れ悪化しやすいので、エクササイズで刺激を与えて使える状態にしてあげると症状が落ち着きます。

脊柱管狭窄症の症状でお困りの方はくまはら接骨院にご相談ください!

くまはら接骨院・所沢院
埼玉県所沢市元町28-9 フォーラスタワー103
☎04-2935-3455

お悩みの症状から調べる

アクセス

西武池袋線、西武新宿線「所沢駅」「西所沢駅」より徒歩12分

駐車場について

①元町地下駐車場
住所:埼玉県所沢市元町27-5
②市営寿町駐車場
住所:埼玉県所沢市寿町25-7
  • 入間院
  • 武蔵藤沢院